『にーちとカムの趣味ぶろ』にお越しくださりありがとうございます。 ※2019.10『にーちの趣味ぶろ』からプチ名称変更

日本人作家が「日本人」の枠を超えてノーベル文学賞を受賞するには

毎年のように日本人受賞者が出る自然科学系のノーベル賞に対し、日本人受賞者が極端に少ないノーベル文学賞。ノーベル賞にこだわりすぎる必要はないものの、やはり輝かしい功績をのこし、ノーベル賞を受賞した日本人のニュースを見ると、「もっと日本人のノーベル文学賞受賞者は出ないものだろうか?」という思いが湧いてくる。

そこでこの記事では、なぜ日本にはノーベル賞作家が少ないのか、ノーベル賞作家を増やすにはどうすればいいのかということに焦点を当て、今後の日本文学が取りうる道を考えていくことにする。

スポンサーリンク

カズオ・イシグロ受賞による「日本人枠の消費」という仮説

2017年、カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞したというニュースが流れた。

私は当時そのニュースをリアルタイムで見ていた。ニコニコ生放送か何かの映像で、受賞発表の様子が中継されていたのだ。

毎度のことだが、その時も多くのメディアでは、村上春樹が大手ブックメーカーで上位のオッズにあることを引き合いに、村上春樹の受賞の可能性を示唆する記事を書いていた。

しかし、受賞したのは日系イギリス人のカズオ・イシグロだった。

受賞発表の瞬間、私は村上春樹をめぐるノーベル賞狂想曲のことなど、すっかり頭から抜け落ちてしまった。残ったのはそれまで知らなかった作家の名前。外国人のようにカタカナ表記であるにもかかわらず、音の響きは純粋な日本人であるという見慣れぬ名前だった。

当惑する私をよそに、放送では多くの視聴者コメントが流れていた。その中の特定のコメントが私の目を引いた。

「これで日本人の受賞はしばらくないか……」

その時にはカズオ・イシグロが日系外国人であることは放送を見ている視聴者に知れ渡っていた。長崎出身で、日本人の両親から生まれたカズオ・イシグロの受賞は、ノーベル文学賞における「日本人枠の消費」に他ならぬという意見が、一部のコメントに散見された。

日本人枠の消費……その退廃的ともいえるような概念は、私の心を強く捉えた。

これまでにノーベル文学賞を受賞した日本人はたった二人――1968年の川端康成と1994年の大江健三郎だ。両者の受賞年の開きは26年、そして大江健三郎の受賞年とカズオ・イシグロの受賞年の開きは23年。

なるほど、もしノーベル文学賞の選考を行っているスウェーデン・アカデミーが本当に「日本人枠」というものを意識していた場合、この「間隔」は具合がいい。カズオ・イシグロが日本人枠による受賞ということであれば、次に日本人が受賞するのはまた20~25年後頃ということになるのだろう。

もちろんこの受賞法則はまったくの仮定の話であり、たった三人の例から導き出せるものでもない。だが私は一つの危惧から、この法則に真実味が出てきてもおかしくはないと考えるのだった。

(英語圏屈指の文学賞であるブッカー賞を受賞したカズオ・イシグロの代表作)

日本文学とスウェーデン・アカデミーに隔たる〈言語の壁〉

その危惧とは、日本人作家はスウェーデン・アカデミーにとって「大して重要ではない」のではないかというものだ。

本当に受賞させたい優れた作家が日本に複数いれば、なにも20数年間隔で受賞させる必要はない。たとえば、1930~1938年には三人のアメリカ人、2001~2007年には三人のイギリス人がノーベル文学賞を受賞している。これだけの短期間で複数の同国人が受賞した前例があるのだから、スウェーデン・アカデミーはすべての国に対して「受賞上限」を設定しているわけではないようだ。

ではなぜ日本人作家はそれらの国と比べてあまり受賞しないのか……それはなにも質の高い文学を著す作家が少ないからだとか、そういう話ではなく、もっと根本的な理由が考えられる。

それはスウェーデン・アカデミーにはもちろんのこと、海外には日本語を解する者がほとんどいないということ。日本文学が外国人に読まれるためにはまず英語などの言語に翻訳される必要があり、そういった翻訳作品の複数が評価されて、はじめて日本の作家はノーベル文学賞の候補に挙げられることになる。

英語やフランス語、ドイツ語など、欧米各国で広く使われている言語で書かれた作品はその点がネックにならない。ノーベル文学賞の選考委員は自身の習得言語で作品を読むことができる上に、習得言語ではなかったとしても、メジャー言語作品は日本語のようなマイナー言語の作品と比べればはるかに旺盛に翻訳が行われているため、選考委員が解する言語の翻訳作品がすぐ手に入るからだ。

選考委員が解する言語の翻訳作品が簡単に手に入るということは、それだけ選考委員が熟読してその作品や作家の価値を吟味できるということ。日本人作家の場合、欧米諸国の作家と比べて翻訳される作品の絶対数が少ない上に、マイナー言語である分、翻訳の質も不安定になることが考えられる。

またついでにいえば、欧米諸国の文学の方が、選考委員にとって母国(居住国)と文化的に近いぶん、内容を理解しやすいであろうことは想像に難くない。日本文学は日本人独自の視点や価値観で書かれていることが多いため、選考委員が“その良さ”を十分に理解できない可能性がある。

ガラパゴス化された日本文学は、欧米諸国の人々からすると、自分とは無関係の〈遠い異国の物語〉としてしか見ることができない。それはエキゾチックな美しさこそ有していたとしても、“自分の存在そのものを脅かすような真に迫る文学”には選考委員の目には映らないのではないだろうか。

より多くの日本人作家がノーベル文学賞を受賞するには

以上の話を前提に、日本人作家がノーベル文学賞を受賞するペースを今よりも上げるにはどうすればいいかということを考えていく。

翻訳活動を活性化させる

言語の問題が、日本人作家がノーベル文学賞を受賞する一番のネックになっているのだとすれば、日本文学を他言語へ翻訳するための諸活動を活性化させることは急務といえる。

たとえば、2002年に文化庁が立ち上げた事業に、現代日本文学の翻訳・普及事業(JLPP)というものがある。この事業は会議で選ばれた現代日本文学作品を、英・仏・独・露・インドネシア語に翻訳・出版し、各国の書店に流通させたり、図書館・大学などの機関に寄贈したりといった活動を行うものだ。2015年までには約180作品が翻訳出版され、日本文学を海外に広めるのに大きく貢献した。

翻訳出版事業自体は2016年度末で終了してしまったが、現在も翻訳家の発掘・育成という形でプロジェクトは続いている。このような活動を、国・民間問わず活性化させていけば、日本文学は今以上に海外でなじみ深いものになり、ひいてはスウェーデン・アカデミーの目にもとまりやすくなる環境ができていくはずだ。

また個人レベルでいえば、西脇順三郎や多和田葉子のように、作家本人が自身の作品を翻訳したり、最初から外国のメジャー言語で著作を行うという方法も考えられる。実際、ラテン語・英語・フランス語でも著作を行った西脇順三郎はノーベル文学賞の候補になっているし、ドイツ語での著作も行っている多和田葉子は2016年にドイツの権威ある文学賞〈クライスト賞〉を受賞しており、近年ノーベル文学賞の候補にあがっているのではないかと目されている。

西脇順三郎の代表作を集めた詩集) (日本語で執筆後、自らドイツ語に翻訳した多和田葉子の野間文芸賞受賞作)

日本的な視点や価値観にとらわれない作品を書く作家を増やす

これも個人レベルの話になってしまうが、日本独自の視点や価値観にとらわれない作品を多くの日本人作家が書くようになれば、海外の読者がいわゆる「日本臭さ」を感じずにニュートラルな目線で日本文学を読むことができる。川端康成、谷崎潤一郎、三島由紀夫のいわゆるBIG3の著作のように、日本的な美を前面に押し出してしまうと、どうしても海外の人からすると〈エキゾチックな作品〉になり、「日本人」という枠から抜け出せなくなる。同じ「日本人」の作品であれば、存命中で質の高い作品を書く日本人作家なら誰でもいいから、20数年ペースで受賞させればいい、ということになりかねない。

日本独自の視点や価値観にとらわれない作品とはどういうものかというと、これはカフカに倣うことができる。カフカの作品にはいわゆる「国民意識」のようなものが極限まで取り払われており、ただ剥き出しになった現実の正体がそこにある。この形式は遠く離れた異国、また時代の違った地に住む人にも、容易に伝播する普遍性を持っている。

安部公房はカフカのその点を評価し、また文学を書く時は、カフカのように文体から「(ナショナリズムを強化させるための諸行事としての)儀式」を排除することを強く推奨した。

必ずしもテーマとしての反儀式小説をすすめているわけじゃない、まず文体に儀式化を持ち込まない覚悟かな。よくあるだろう、扇動的で様式化された文体、あれが困るんだ。例えば俳句とか短歌とか、もちろん散文詩も含めて、何らかの意味での詩的な表現……いや、散文小説の中にもけっこうあるね、スタイルはたしかに散文なんだけど、本能的に集団や儀式に身をすり寄せたり、媚びたりしている神輿かつぎが……やはりテーマとしても反儀式主義を標榜すべきなのかな。ま、いいだろう、僕の小説が神輿かつぎになる懸念はまずありえないからね。どういうものか、僕は生れつき、自分でも不自然に感じるくらい徹底した祭り嫌いなんだよ。

――安部公房『死に急ぐ鯨たち』破滅と再生 2より

集団や儀式に身をすり寄せた文体の文学は、その集団や儀式を好む人間以外には好まれない。たとえば、日本や日本的な精神が嫌いな人にとっては、日本や日本的な精神を賛美する文体やテーマの文学を良いと思うはずがない。日本という国そのものが、世界の中心になれば別だが、そうなる見込みがない以上、作家自身が「日本人」の枠から抜け出すことが、普遍的な評価を得るための手っ取り早い手段だといえる(ただし、安部公房はガルシア=マルケスやフォークナーといった、その国の土俗性を前面に出しているにもかかわらず、普遍性のある作品をのこしている作家の名前も挙げている)。

ちなみにカフカや安部公房のように、外国人からもニュートラルに読まれる文体の工夫を行っている作家は他にもいる。それは村上春樹だ。

村上春樹の文体はあまりに米文学的だが、米文学が日本文学とは比べようもないほど世界中で読まれ、ノーベル賞作家も多く輩出していることを考えれば、村上春樹の文体は〈世界的評価〉を得るのに非常に合理的だ。なぜなら米文学に近い文体であればあるほど、可逆的に米文学の言語である英語への翻訳もしやすくなり、その質のいい英翻訳をもとに、各言語への翻訳もスムーズにいくからだ。

また村上春樹は、文化の違う国の読者にも伝わるように、あらかじめ説明を入れながら物語を綴る「プリ・トランスレーション」という手法を使っていると指摘する研究者もいる。

このように「国外で読まれること」を想定して作品を著す作家が日本に増えていけば、日本文学としてではなく「世界文学」として読まれる作品もおのずと出てくるはずだ。

(多和田葉子が翻訳参加・解説しているカフカの新訳) (フランス最優秀外国文学賞を受賞した安部公房の代表作) (タイトル・主人公にカフカの名前を使った村上春樹の世界幻想文学大賞受賞作)

タイトルとURLをコピーしました