※現在リニューアル中につき記事が一部表示されなくなっております※
電子書籍「ジトメカツモク!」発売中! 最新のお知らせはこちら!

カム

スポンサーリンク
雑談

最近、洗濯物に虫がついて嫌であるという話、および白い服の効用

(筆者:カム) 冬は私を裏切った 最近、洗濯物に虫がつく。 もうこれだけ寒くなれば、大抵の虫は死ぬか、土にもぐりこむかして、人の目に触れることはなくなると思うものだが、私の家はどうもそうではないらしい。 体感的に、夏や秋より...
雑談

食事の魅力は味覚だけではないことを教えてくれる『赤の台所読本』の紹介【Skyrim】

(筆者:カム) ※最後のほうで『赤の台所読本』のネタバレあり 今回もスカイリムの話題を。 スカイリムにはゲーム内で読める数多くの書物があるのはこの記事で書いた通り。 今回はその中で個人的に最高だと思う本『赤...
雑談

『アナと雪の女王2』の感想漫画騒動まとめ、および所感

(筆者:カム) 先日、映画『アナと雪の女王2』をめぐる騒動のことを知った。 時事記事としては今更感があるが、個人的に気になるできごとだったので、備忘録用に騒動の内容をまとめておきたいと思う。 私のように世間との時間が微妙に...
スポンサーリンク
雑談

ゲーム『スカイリム』を買うと、漏れなく何百冊もの本がついてくる【Skyrim】

(筆者:カム) 世界中で大ヒットを記録したゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim』(以下スカイリム)。 日本でも根強いファンが多く、私もそのひとりだ。 舞台は中世ファンタジー。プレイヤーはその広大な...
映画・本・マンガ

【紹介・感想】エリアス・カネッティ『猶予された者たち』 人間の卑欲がコミカルタッチで描かれる珠玉の戯曲3編

カムです。 この間、ここ1ヶ月くらい読んでいたエリアス・カネッティ『猶予された者たち』を読み終えました。 『猶予された者たち』エリアス・カネッティ 読了。 3つの戯曲が収録されている本。どの話も人間の欲望が強く描かれていて、一...
お役立ち

文章の質を落とすことで悪名高い「副詞」の使いどころを考える

カムです。 文章には名詞や動詞などの「品詞」がありますよね。自分で書いていてちょっとあやふやになってきましたが(品詞のこと細かく考えるなんて中学生以来じゃないか?)、品詞の1つに「副詞」というものがあります。 副詞は形容詞と似た...
映画・本・マンガ

芥川龍之介『鼻』を再読しての感想と用語集

カムです。 昨日、ふと急に読みたくなり、芥川龍之介の『鼻』を読み返しました。 芥川龍之介の『鼻』 ひさしぶりの再読。やっぱり好き。長い鼻をぶらさげた僧が自分の鼻をコンプレックスに思うというユニークな話。青空文庫で読める掌編です...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました