自称コミュ障がテレアポのバイトをした結果

テレアポのバイトしてたときのおはなし!(^▽^)/

テレアポ一時期すっごいかかってきてて
片っ端から着信拒否にしてたんだけど、着信拒否にされてるのを察知するや否や別の番号でかけてくる(名乗る名前は社名も担当者名も同じというふてぶてしさ)
そっちも着信拒否にしたらまた別の番号で。。。
そのうちFAX着信の嫌がらせが始まったこともあった

まじうぜぇwww

なのでテレアポ、大キライ。

今までされてきたことを思えば
そりゃぁガチャ切りや怒りをぶつけられることはある意味当然やんな。と思っていた。
だってかけられる側からしたらテレアポなんて1回イヤな目にあったらもういっしょくたで印象悪いよ。/(^o^)\
むしろ小心者のわたしはその場できついこと言えないタイプなんで、

その場で怒鳴れるなんて素敵やん。。。?

って思っていた。
まぁ怒鳴ることは褒められたことじゃないけど。

コミュ障(自称)なわたしは
相手のいうコトをオウム返ししてとりあえず「うんうん」「わかる」ってずーっと話させていた
ガンガンセールストークするよりずっと楽だったし
売り込んだり、話をこっちのペースにするのが苦手で疲れるので
聞いてるだけで時間がつぶれるいい方法だと思った(ピーン!)

とくにご老人なんかはめっちゃ世間話してくるのでずっと聞いてたw
ほんとスラスラと臨機応変に喋れるコミュ力高いひとすごい羨ましい
でもなんかバイトだからって、売る気ゼロな気がしてた。
ただしその時はキャバとか経験したあとだったし
ノルマとかでやいやい言われたら即飛べばいいかと思っていた(ダメなやつ)

なんか売れた。(笑)

よくわからんけど一日4時間ほどのバイトで毎回契約取れて
多い時は2人以上取れた。
電話かける数は相当少なかったのでコスパ良かったのではないかと思う
言われて今でも覚えてることは

「普段は絶対話聞かないんだけどねぇ。。。ww」

みたいなこと

そんときはふーんって思っていたけど、もしかしたらわたし自身はほとんど話さず相手のハナシをずっと聞いてたのがよかったのかなぁとか思った。

「ハナシを聞いて貰ったからそっちの要件も聞いてやろう」

みたいな取引的な考えが生まれたとか?

テレアポとかのバイトを考えてる人はこういうパターンもあるんだということで参考になればうれすぃです(^p^)
コミュニケーションが苦手でも、相手のハナシを聞いていたらうまくいくこともあるかもしれない。。。みたいな。。。
まー話聞いてもそれで終わりってのもよくあるけど。。。/(^o^)\

そして金一封は嬉しかったwww1万円も貰えた!ヾ(≧∀≦)ノ
ただし大勢の前に立たされて「契約を取るコツ」を聞かれたりしたのが精神的に一番つらかったので、

そのあとすぐ辞めた。

すみませんでした。

おわり\(^o^)/

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク